今回は阿弥陀如来について紹介していきます。

阿弥陀如来を略すると阿弥陀仏(あみだぶつ)、それをさらに略すると弥陀(みだ)とも呼ばれております。

また、光明(こうみょう)が限りなくあると言う意味で無量光如来(むりょうこうにょらい)また、寿命が限りなくあると言う意味で無量寿如来(むりょうじゅにょらい)とも呼ばれております。

阿弥陀如来はサンスクリット語の音写語で、それぞれを分解していくと「阿」は否定という意味で「無」。「弥陀」は「ミターユス」で寿命または「ミターバ」で光となり、無限の寿命を持つ如来もしくは無量の光を持つ如来となります。

阿弥陀如来の国は、西方(さいほう)にあって、極楽浄土と呼ばれていて、そこにはまったく苦しみがなくて安楽(あんらく)な世界であると阿弥陀経(あみだきょう)には書かれております。

この阿弥陀如来の救済の力を信じて、「南無阿弥陀仏」と唱えると誰でも死後には、極楽浄土に導いてくれる仏様と言われております。

阿弥陀如来は修行時代に、五劫(ごこう)と呼ばれるとても長い時間考えて、理想の浄土を作るために48の誓願(阿弥陀の四十八願)を立てて阿弥陀如来になったと言われております。

この極楽浄土は、幸福に満ち溢れた世界であって、悩みや苦しみから解放される世界と言われております。

蓮如上人(れんにょしょうにん)は、阿弥陀如来について「阿弥陀仏は十方諸仏(じっぽうしょぶつ)の本師本仏(ほんしほんぶつ)です」と教えておられます。

この、十方諸仏とは何かと言うと、「十方」とは、仏教で大宇宙の事を指し、そこには地球のようなものが無数に存在しており、その地球は大宇宙の中の塵にすぎないです。

そして地球にお釈迦様が現れたと同様に、大宇宙には無数の仏が現れていると、お釈迦様は説かれており、それらの仏を「十方諸仏」と呼ばれております。

最も有名なのは、大日如来・薬師如来・奈良の大仏・毘盧遮那如来などは皆、十方諸仏の中の一仏であります。

次に本師本仏(ほんしほんぶつ)とは、師匠又は先生という意味になり、阿弥陀仏はあらゆる仏の先生であると言う事になります。

地球ではお釈迦様が偉い方ですが、大宇宙から見るとお釈迦様も十方諸仏の一人となる為、阿弥陀仏とお釈迦様の関係は、先生と生徒、師匠と弟子に当たります。

よって、阿弥陀仏が上、お釈迦様が下という事になります。