観音菩薩とは?

今回は観音菩薩について紹介していきます。

正式には、観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)と言います。

「観」は仏の智慧で観る事で、「世音」は世の中の声と訳されます。

つまり、苦しみにあえぐ人達が、救いを求めている声を聞き漏らさない仏という事です。

その観音菩薩は、勢至菩薩(せいしぼさつ)と共に阿弥陀如来の脇侍を務めています。

観音菩薩は、インドではもともと男性とされていました。

沢山の人達を助けるために、様々な姿に変身し、観音経には観音菩薩の三十三化身が説かれています。

これは別名「観自在」と言われるように、観音菩薩は救いを求める人の所に行き、その人にあった姿に変身して助けてくれると言われています。